1. TOP
  2. AR / VRデバイス
  3. SnapchatのスマートグラスSpectacles 3とは?スペックや特徴を紹介
SnapchatのスマートグラスSpectacles 3とは?スペックや特徴を紹介
SnapchatのスマートグラスSpectacles 3とは?スペックや特徴を紹介

SnapchatのスマートグラスSpectacles 3とは?スペックや特徴を紹介

AR / VRデバイス

Snapchatで話題を集めたSnapがリリースしたウェアラブルアイテムSpectacles(スペクタクルズ)。新しい撮影の形を提案する本商品は、どのような機能を持つのでしょうか?今回はSpectaclesの紹介を中心に、最新モデルの改善点や特徴などをご紹介します。

Spectaclesとは

(引用元:Spectacles公式ページ

Spectaclesとは、スマートフォンアプリSnapchatを開発するSnapからリリースされているスマートサングラスです。Spectaclesはカメラ機能を搭載したウェアラブルアイテムで、サングラスをかけているだけで写真やビデオを撮影することができます。2017年に初代モデルが発表されたSpectaclesは、大きな話題を呼ぶものの販売利益は伸びませんでした。翌年発売された新モデルでは機能面とデザイン面双方に大幅なアップデートを重ね、実用性を高めながらファッショナブルなアイテムとしての存在感も際立たせます。Snapはスマートフォンの次に求められるデバイスはサングラスだと考えており、その未来を垣間見せる象徴としてSpectaclesを発表し続けています。日常の一コマを、見たままの視点で手ぶらで撮影するスタイルは、今後広く普及するかもしれません。

Snapとは

(引用元:Snap Inc.)

Snapは米国ロサンゼルスに拠点を置く企業です。2011年に設立されたSnap(設立当時Picaboo)は、スマートフォンを主軸とした若者向けのサービスが次世代のトレンドになることを予見し、同社の代表的なサービスであるSnapchatを開発しました。

(引用元:Snapchat公式ページ)

Snapchatは写真や動画で友人同士のコミュニケーションを取るSNSサービスで、24時間以内にデータが消える仕様や豊富なエフェクトが欧米を中心に人気を集めました。しかし、人気の機能はまもなく競合他社にも搭載されました。SNSプラットフォームとして独自性を追求するのが難しい現状があり、Snapchatのユーザー数は減少しています。このように説明するとSnapは失速しているように感じるかもしれませんが、注目すべき点はSnapの企業説明です。彼らはみずからを「カメラ会社」としており、SNSアプリ開発の企業ではないことを伝えています。Snapはあくまでカメラ会社の立ち位置でデバイスや撮影技術への挑戦を続けており、そのひとつの手段としてSnapchatがあるのです。スマートフォンのカメラを利用したサービスの在り方として、Snapchatは若者を中心に高く評価されました。そんなSnapが次世代を担うデバイスとして注目し、開発と発表を続けているのがスマートサングラスなのです。

Spectacles 3を発表

2019年8月、SnapはSpectaclesシリーズの新モデル「Spectacles 3」を発表しました。これまでのスタイリッシュなイメージを保ったデザインで、メタルフレームのクラシカルなフォルムが特徴です。Spectaclesは2代目からラグジュアリーな印象が強かったのですが、「Spectacles 3」はそれを上回るプレミアムな商品として発表されました。2代目が150ドルで販売されたのと比べると、380ドル(日本円で約4万円)と2倍以上の価格が設定されています。ターゲットは最新のファッションを追うクリエイティブ系の人々。これまでSnapがアプリのターゲットとして狙ってきた若者よりも富裕層で、かつ狭いターゲティングが際立ちます。「Spectacles 3」がこうしたターゲット層の描く未来に重なり、文化として浸透するかどうかが、スマートサングラスの行く末の鍵を握るかもしれません。

Spectacles 3の特徴

「Spectacles 3」は左右両側、計2つのカメラを搭載していることが最大の特徴です。人間の目の構造と同様に右と左の画像を合わせることで、深度を表現することが実現しました。つまり、視差を生かした奥行のある3D写真が撮影できるということです。飛び出したような独特の世界を切り取れる技術は、まったく新しい写真表現を生み出すかもしれません。また、ビデオも最長1分撮影することが可能です。データのサイズはそれぞれ写真1,642×1,642px、動画1,216×1,216pxで記録し、容量は4GB(動画100本、写真1,200枚)保存することが可能です。充電はケースに入れる形で行い、1度の充電で動画70本、写真200枚ほど撮影できます。撮影されたデータはスマートフォンにシンクし、アプリで加工したり、ARエフェクトを追加したりすることができます。この点は、Snapchatの機能を想像するとわかりやすいかもしれません。2つのカメラが搭載されたことで、前モデルよりもさらに目で見ている世界に近い写真が撮れるようになった「Spectacles 3」は、リアルタイムで自分の視点を加工して共有することのできるカメラと言えるでしょう。

Spectacles 3の購入方法

「Spectacles 3」は現在公式サイトで事前予約の受付中です。誰よりも早くこの技術を体感したいという方は、公式サイトの予約フォームにアクセスしてみてください。以上で、Spectacles 3に関する記事を終了します。

同じカテゴリの記事