1. TOP
  2. AR / VRコンテンツ
  3. AR(拡張現実)でKAWSを体験できる!バーチャルアート『EXPANDED HOLIDAY』

AR(拡張現実)でKAWSを体験できる!バーチャルアート『EXPANDED HOLIDAY』

AR / VRコンテンツ

『EXPANDED HOLIDAY』リリース

バーチャル空間の中でアートを楽しめるアートプラットフォームを制作する会社であるAcute Artは、2020年3月12日に現代アート界をリードするアーティストであるKAWSと共にバーチャルアート『EXPANDED HOLIDAY』をリリースしました。『EXPANDED HOLIDAY』は、専用のアプリを使うことで実在する見慣れた風景にKAWSの代表的な作品の一つであるコンパニオンを重ねて表示することができます。

Acute Artとは

今回KAWSと組んだAcute Artは、アーティストの創造的なビジョンを仮想現実(VR)、拡張現実(AR)、複合現実(MR)などのデジタルメディアを駆使したコラボレーションを数々行ってきた会社です。 Acute ArtはアプリとWebサイト上で、ARで作成されたデジタルアートを販売し、アート、テクノロジー、物販の分野における最新のサービスを提供しています。

『EXPANDED HOLIDAY』は3タイプのサービスを提供

COMPANION (EXPANDED) 期間限定で提供する無料サービス

2020年3月12日(木)から26日(木)までの期間限定で12体のコンパニオンがアフリカからアジア、オーストラリア、ヨーロッパ、中近東、北米、南米まで12カ所のランドマークにヴァーチャルのパブリックアートとして展示されます。この期間中、下記の指定された場所ではARを通して無料でKAWSの彫刻をバーチャルに楽しむことができるとのことです。

ドーハ(MIAパーク ー イスラム美術館) 

香港(香港観覧車)

 ロンドン(ミレニアム・ブリッジ)

メルボルン(ビクトリア国立美術館)

ニューヨーク(ブルックリン美術館)

 ニューヨーク(タイムズスクエアー)

パリ(ルーブル・ピラミッド)

サンパウロ(イビラプエラ公園)

ソウル(東大門デザインプラザ)

 台北(国立中正紀念堂)

タンザニア(セレンゲティ国立公園)

東京(渋谷スクランブル交差点)

 

日本では渋谷のスクランブル交差点で体験することができます。

 AT THIS TIME (EXPANDED) 有料版

有料版では、期間内にアプリ内のカメラを使って好きな場所にコンパニオンを配置し、様々な角度から静止画と動画を撮影することができます。撮影した画像や動画は携帯のカメラロールに保存されます。4種類のメニューから選ぶことができ、料金は860円/ 7日間〜3800円/ 7日間となっています。

COMPANION (EXPANDED) EDITION OF 25 -世界25個の特別限定エディション

25体の1.8mのARコンパニオンの中から、1体を永久に所有することができる権利です。いつでもどこでも無制限にアプリ上のカメラを使って、好きな場所にコンパニオンを

配置し撮影が可能となっています。

『EXPANDED HOLIDAY』はアプリでの利用が前提となります。アプリは以下よりインストール可能です。

App Store

Google Play

同じカテゴリの記事