1. TOP
  2. AR / VRデバイス
  3. 高校バスケットボールウインターカップ2019でARグラスNrealLightを使った 5Gプレサービスを提供
高校バスケットボールウインターカップ2019でARグラスNrealLightを使った 5Gプレサービスを提供
高校バスケットボールウインターカップ2019でARグラスNrealLightを使った 5Gプレサービスを提供

高校バスケットボールウインターカップ2019でARグラスNrealLightを使った 5Gプレサービスを提供

AR / VRデバイス

高校バスケットボール最高峰の大会でARグラス観戦

ソフトバンクは高校バスケットボール最高峰の大会である「SoftBank ウインターカップ2019 令和元年度第72回全国高等学校バスケットボール選手権大会」の一部の試合において、一般観客が体験できる5Gのプレサービスの提供を開始したと発表しました。

ARグラスNrealLightを使った観戦が可能

本大会においても、2019年8月に行われた「バスケットボール日本代表国際試合」に引き続き、ARグラスNrealLight(エンリアルライト)による観戦体験をすることができます。NrealLight(エンリアルライト)を装着すると、観客席から見ている実際の試合の光景にコートサイドと両バスケットゴールの3カ所に設置したカメラによる別視点の映像が重ねて表示され、自由に視点を切り替えながら観戦できます。

なお、NrealLight(エンリアルライト)に接続したスマートフォンから応援ボタンを押すと、押した数に応じて増加する応援ゲージをARグラスに表示する機能を追加しており、ARグラスを装着した他の観客と応援量を競い合うゲーミフィケーション的な観戦を行うことができます。

5G技術によりARをはじめとするテクノロジーとスポーツの融合が一気に進みそうな取り組みとなりました。記事公開時点で大会は終了しているため、実際にARグラスを活用した試合観戦は次の機会を待つことになりそうです。

同じカテゴリの記事